S家に嫁いだM嬢の日常 無料で漫画立ち読み

S家に嫁いだM嬢の日常 無料で立ち読み

S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常の漫画

▼ここから無料立ち読み▼

 

S家に嫁いだM嬢の日常を無料立ち読みするなら!

 

名家のS家に嫁いだM嬢ことメリー嬢が旦那様との子作りの為にエッチな新妻妊娠教育を受ける日常を描いた、ヨールキ・パールキの人気同人誌です。

 

S家に嫁いだM嬢の日常 ネタバレ・画像

S家に嫁いだM嬢の日常のネタバレ・画像です。

 

「あ...ん..。」

 

サルバトール家に嫁いできたメリーは、朝起きてメイドに身支度をさせていました。しかし、口からはあえぎ声が漏れています。そして、下半身からは「ぐちゅくちゅ。」「ぬちゃ。」とイヤらしい音が聞こえます。

 

この音の正体は、メイドがメリーの膣をかき回しているからです。これは、昨日の旦那様の精子が膣内に残ってないかチェックするためです。膣内に古い精子があると、妊娠しにくくなってしまうそうです。

 

この日は新人のメイドが膣内チェックを担当し、あやまってメリーの気持ち良いところに触れていまい、メリーはイッてしまいました。

 

次に乗馬です。ここでもメリーは「あひっ!はっ!」とあえぎ声が止まりません。そして、口からはよだれが、下の口からは愛液が止めどなく流れています。

 

これは、馬の鞍に旦那様のペニスの形をした張形がついているからです。それがメリーのマンコとアナルの中で、馬の振動と共に動くのでした。

 

乗馬を終えても、まだまだメリーの1日は終わりません。医者の授業での実技では、クスコを挿入されたり尿道を刺激されたりなどアソコはどんどん調教されていきます。その度にメリーはイッてしまうのでした。

 

ヨールキ・パールキの『S家に嫁いだM嬢の日常』では、メリーのアへ顔が満載です。それが日常なのです。

 

S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常

▼この続きは本編で▼

 

S家に嫁いだM嬢の日常の感想

作者ヨールキ・パールキ「S家に嫁いだM嬢の日常」の感想を紹介します。

 

朝起きてから寝るまで、メリーはずっとアへ顔をしていました。口からはよだれ、アソコからは愛液が流れ出ていたのが印象的です。また、目はうつろでした。
大きなお屋敷で由緒正しい名家の中でこんなエッチな事が行われているので、そのギャップが良かったです。

 

サルバトール家の人達はそれが当たり前のように淡々と仕事をこなしますし、メリーは弱音を一切吐きません。まるで「当たり前でしょ。」というように物語が続いていくので、
ヨールキ・パールキの世界に引き込まれていきました。だから『S家に嫁いだM嬢の日常』は、最高に良かったです。

 

S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常

▼作品はこちらから▼

 

S家に嫁いだM嬢の日常の作品概要

 

作品名

S家に嫁いだM嬢の日常

 

作者

ヨールキ・パールキ

 

ジャンル

新妻・花嫁・調教・緊縛

 

あらすじ

あるところに大きな屋敷がありました。その屋敷の当主はサルバトールです。サルバトールには医者や学者など多くの優秀な人物がいます。そして優秀な人物がたくさんいるのは、ある思考に基づいて子作りしてるからでした。

 

その思考とは、充分な快楽を得た体で子供を身ごもると、その子は優秀になるというものでした。

 

そんなサルバトール家に嫁いできたメリーの日常を描写したのがヨールキ・パールキの『S家に嫁いだM嬢の日常』です。サルバトール家の一族やメイドが総出で、メリーは朝からいきっぱなしのアへ顔になってしまいます。それがサルバトール家では普通なのです。

 

S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常

▼販売サイトはこちら▼